北の国からブログスタート

ブログとともに新しい世界へ

異界のマンガ家諸星大二郎展

北海道立近代美術館で「諸星大二郎」展、最終日に行ってきた。

パンフレット1

f:id:day61:20210119123918j:plain

 

諸星大二郎って誰?

デビュー50周年記念展。

出品作品は「マンガ原稿.・イラストレーション」。

 

マンガ家。知らなかった。有名なマンガ家らしい。

マンガ、読まないからな。

宮崎駿も鬼滅の刃もよくわからない。

 

美術館でマンガ家「諸星大二郎」の作品展。

代表作の原画350点。

作品の世界感に関わりの深い美術作品や歴史、民俗資料もあわせて展示されている。

半端ないボリュームだった。

 

「異界への扉」

 

なんだか興味をそそられる。

 

作品の数が多い。初めて見るマンガばかりなので、ひとつひとつ読んでいった。

やっぱり読まされてしまう。面白い。マンガの立ち読みだ。

展示の規模が大きいので、最後のコーナーになると疲れてしまった。

中国編では集中力も切れて、流して見てしまった。

 

有名な作品が「妖怪ハンター」

この主人公の風貌は、昭和を感じさせる。

 

作品がテーマごとに分かれている。

  • 日常/非日常
  • 民俗学/人類学/考古学
  • 日本の神話/伝説/文学
  • 中国の神話/伝説/文学
  • 西洋の神話/伝説/文学
  • 博物誌/書誌
  • アート

SF的なものから、民俗学、考古学、人類学、記紀神話、東洋文学、東洋思想、博物学を扱ったものまで。

 

マンガのレベルが高すぎる。週刊少年ジャンプに連載されていた作品だそうだ。

マンガを見ているだけでも楽しめるのだが、予備知識がなければ理解できないのではないのか。頭を悩ませてしまった。

絵が不気味だ。怪奇、幻想。

 

マンガとそれに関連する資料がいっしょに展示されていて、とても参考になった。

 

関連作品の展示品

  • 民俗学/人類学/考古学

  ニューギニアの人面魚の置物や仮面

  大籠キリシタン資料館からの江戸時代に作られたマリア像、キリストの燭台、

  フランス人の写真家 シャルル・フレジェの撮影した秋田のナマハゲの写真など

  縄文土器

 

  • 日本の神話/伝説/文学

  岡本太郎の撮影した那智の火祭りの写真

  歌川国芳の版画

 

  • 中国の神話/伝説/文学

  月岡芳年の木版画

 

  • 西洋の神話/伝説/文学

  デュラーの木版画

 

  • 博物誌/書誌

 アート

  ポール・デルヴォー、ゾンネシュタールの絵画も展示されていた。

  姫路市立美術館/足利市立美術館からの作品。

 

前期と後期に展覧会は別れていた。

 

古史古伝に題材をとり日常の不安を意識化する。

楳図かずお、つげ義春のような系統の作家なのか

 

お腹いっぱいの諸星大二郎展でした。

 

 

この後は1/24~3/13 イルフ童画館(長野県岡谷市)

3/20~5/23 北九州市漫画ミュージアム

8/7~10/10 三鷹市美術ギャラリー

10/23~12/26 足利市立美術館

開催予定になってます。